美肌・美白・美顔のクチコミ広場
home スキンケアの基本 ニキビ・肌荒れ シワ取り治療 シミ取り治療 二重・プチ整形
美顔&美肌レポート 体験クチコミ広場 クチコミ検索 美容会議室 美容外科・皮膚科 関連リンク集
シミやシワを作る紫外線の害を徹底分析
紫外線による光老化は、シワやシミの最大の原因となります。紫外線の怖さを認識してしっかり対策をとりましょう。

[PR]
■紫外線の種類
日光は、以下のような波長の光が集まって出来ています。紫外線は可視光よりも波長が短く目には見えません。光は短波長のものほど刺激が強く人体に悪影響を及ぼします。
紫外線は波長の長いものから順に、UVA、UVB、UVCの3つに分けられます。
UVA
紫外線の中で最も波長が長く、表皮の基底層から真皮にまで到達し皮膚を攻撃します。この攻撃からDNAや組織を守る為にメラノサイトの働きが活発になり、周囲の細胞にたくさんのメラニンを送り込み、皮膚を黒くします。メラニンは紫外線を吸収して他の組織が攻撃されないように守る役割を担いますが、強い紫外線から皮膚を守りきることはできません。
UVB
UVAよりも波長が短く、皮膚に対する強い攻撃力を持っています。UVBを長時間浴びると火傷や水泡ができることからもその攻撃力がわかります。表皮付近の細胞のDNAを傷付け、皮膚癌の原因ともなります。
オゾン層の破壊が進むにつれてこのUVBの量が増えているといわれていますので、一層の注意が必要です。
UVC
紫外線の中で最も強力な破壊力を持っています。細胞を破壊する力があるため、殺菌効果も得られます。ただし、オゾン層や大気中で吸収・散乱されるので、地上まで到達するUVCはごく少量で皮膚を攻撃する主役ではありません。
■紫外線とシミの発生
シミは色素沈着によって起こる皮膚の異常です。表皮に存在する色素細胞メラノサイトは、紫外線を受けると活性化して周囲の細胞にメラニンを供給し、紫外線から皮膚を守ろうとします。しかし、紫外線からの攻撃を受け続けていくうちに一部のメラノサイトが暴走をはじめ、メラニンを供給し続けてしまうことがあり、これがシミとして現れるといわれています。
シミよりも怖いのは皮膚癌。UVBはシミを作るだけでなく、皮膚の細胞のDNAを傷つけて皮膚癌を誘発する力を持っています。
■紫外線とシワの発生
光老化のもう一つがシワです。日光を良く浴びる仕事をしている人の首や顔には深いシワが刻み込まれていますが、これは紫外線による攻撃を受け続けた結果です。お尻やお腹の肌と比べると天と地ほどの差がありますが、この殆どは紫外線がもたらしたものです。
UVAは真皮にまで到達して、結合組織や弾力線維の配列を乱すことが分かっています。これが繰り返されると真皮層によって維持されてきた皮膚の潤いやハリがなくなり、シワやたるみが発生してくるのです。
■紫外線による皮膚のカブレ
皮膚の抵抗力が落ちているときには、日光を浴びるだけでかぶれてしまうことがあります。抵抗力が落ちる原因は、ストレスや必要栄養素の欠如などです。原因が紫外線であるとは思われないことが多いので注意が必要。
このようなカブレが起こってくるようになったら、皮膚の抵抗力が弱っている証拠です。ストレスを解消し、牛肉やレバーなどタンパク質やビタミンB群を多く含む食事を心がけるようにしましょう。ビタミンB2は美容のビタミンとも言われる大切なビタミンです。さらにビタミンCも荒れた皮膚を修復させる働きがありますので摂取を心がけましょう。
スポンサード リンク
体験クチコミページへ
各美肌治療解説ページへ

【おすすめサイト】
気になる医学@にきび・にきび跡
気になる医学@永久脱毛・レーザー脱毛
視力回復LASIKを考えるページ
フェイシャルのエステ検索
マンツーマンの英会話検索

MeDic 医学用語辞典

Copyright (C) 2005-2012 QWINTET Co.,Ltd. All Rights Reserved.